DHA・EPAの効果・効能の健康情報!DHAとは?

DHA・EPAの効果や効能DHA・EPAの効能として中性脂肪やコレステロールの低下、うつ病や老人性うつ病の予防、さらにはアトピーやアレルギー、癌に対するものが挙げられています。
DHAとはドコサヘキサエン酸というもので、主に青魚や亜麻仁油・クルミ・ケールなどに含まれいますがやはり魚から取るのが一番効果的です。
DHAとは脳や体に非常に重要な役割を果たしますが、残念ながら体内でつくられることはほとんどありません。
積極的に魚を食べたり、食品だけでの摂取が難しいときはサプリメントに頼るなどして、毎日しっかりとることがおすすめです。

DHAとは?EPAってどんな成分?どんな効果があるの?

健康な体づくりに役立つDHAとはどんな成分であるかについてですが、多価不飽和脂肪酸の一種でマグロやサバやサンマやカツオやブリやイワシなどの青魚にたくさん含まれているものです。EPAもDHAと同様の成分です。
DHAとはどんな効果があるかについてですが、高血圧予防、アレルギーの抑制、悪玉コレステロールの低下、中性脂肪の低下、動脈硬化予防などがあります。
生活習慣病の予防に大きく役立てることができます。記憶力や集中力のアップや認知症予防の効果もありますが、こちらはDHAのみの効果でありEPAにはこの効果は含まれません。
DHAやEPAはサプリメントでの摂取もできますので積極的に取り入れて健康な体づくりに役立てましょう。

DHA・EPAの脳への効果とは?脳内での働きは?2つの違いは?

2つの違いは?DHAとEPAの違いは、脳に必要なものを振り分ける、血液脳関門を通過できるか否かです。
両者の働きには共通点が多いのですが、EPAは脳内には作用できません。
DHAは脳の細胞膜内にたくさんあり、特に記憶や学習能力を担う、海馬には他の部分の2倍以上集まっています。
脳の栄養素と言われ、量の多さがイコール頭の良さとも言われます。
脳内での働きは、細胞膜を柔らかくしてシナプスを活性化したり、その神経伝達物質の受容体であるニューロンの感度を上げたりするものです。
DHAを継続して摂取する事により、記憶力や全体的な脳機能の活性化が期待できるのです。

DHAの効果ってこんなに凄い!注目のDHAの「6つ」の効果

DHAには、現代人が元気な生活を送っていく上で欠かせない「6つの効果」が含まれています。
まずは、動脈硬化の予防です。それから、糖尿病や肥満といった生活習慣病を防いでくれる働きもあります。また、記憶力や学習機能をアップさせることにも繋がるので、小さな子どもにとっては特に欠かせない成分の一つでもあります。そしてこれはあまり知られていない効果ですが、実はストレスを緩和したりうつ病の発症を抑えることにも役立ちます。このようにDHAには様々な健康効果が期待されるので、普段から積極的に摂取することを心がけていくようにしましょう。

EPAとDHAの効果の違いは?

ともにオメガ3系列の脂肪酸であり、分子構造も似ているEPAとDHAは、ともに血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあるなど、その性質や効果の違いは一般的には分かりにくいものです。
この2つの大きな違いを分かりやすく言えば、DHAは脳の働きにかかせない成分であり、脳の構成成分のひとつであるということです。またがんの発生の予防の他に、がんの転移や抗がん剤の副作用を抑える効果があるとされています。上記の中性脂肪に対してはEPAの方が、コレステロールについてはDHAの方が効果が高いとされています。

DHA・epaの効果で血液サラサラ・動脈硬化の予防・頭がよくなる

DHAやepaは特に注力して研究が繰り返されているのですが、この2つの成分に対して特に熱視線を注いでいる理由は、イヌイットと呼ばれる人々に全く脳梗塞が見受けられない事がきっかけです。
そこで、血液検査を行ってみると血中のepaの値が桁違いで高いことが判明したのです。
頭部をはじめ、全身の血流の巡りが良好になるので、血栓が発生しないため脳梗塞にならないという仕組みです。
そして、epaの働きを尚更活発化させるために必要になるのはDHAです。
納豆などに含有されているので、日頃から口にすると血栓で血が詰まる事が予防できる効果があります。

妊娠中のDHAサプリ摂取による赤ちゃんへの影響は?

妊娠中のDHAサプリの影響は?DHAは、体にとてもいいことが分かっています。妊娠中であっても積極的に摂取したほうが赤ちゃんによい影響を与えることができます。
脳の発達に効果があると言われており、摂取して困ることはほぼないといえます。ただし、食事だけで必要なDHAを摂取し続けることは難しいです。
無理なく摂取し続けるならサプリを活用すれば問題ないです。高い効果を期待するならば妊娠する前から摂取してみるなど、早めに摂取する習慣を身につけておくとよいです。
赤ちゃんの脳によい影響を与えるだけではなく、妊娠中の精神状態を安定させるなど様々な効果があるので安心して利用できます。

DHA・EPAでうつ病の予防効果

うつ病まず最初に、DHAとEPAとはそれぞれ「ドコサヘキサエン酸」と「エイコサペンタエン酸」の略称です。
両者は青魚に多く含まれていると言われており、その効果として有名なものには血液をさらさらにするといったものがあります。
近年、「魚の消費量が多い国ほどうつ病が少ない」というデータが示されており、ここでDHA・EPAが関与しているのではないかと考えられるようになってきました。
うつ病は脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少したり、うまく機能しなくなったりすることが原因といわれています。DHAはこのセロトニンの働きを高める作用があると言われているため、病気の予防効果があるのではないかと期待されているのです。

医者と学ぶ「心のサプリ」 | DHA・EPAはうつ病に効果があるのか

DHA・EPAは、血液中に含まれる、悪玉コレステロールを減らす働きがあり、血液の循環を良くしてくれます。血管内の血液の流れが良くなる事で、脳への血液の流れが良くなり、頭の回転が良くなったり、記憶力が上がる働きがあるのです。そのため、うつ病にも効果があると言われています。
うつ病も一種の脳障害ですので、脳への血行が良くなり、働きが活発になる事で、精神的病にも十分に効果を与える事が出来るのです。DHA・EPAは血液の流れに関する障害であれば、緩和できる作用を持っているので、関連している時には、使ってみる事も良いのです。

うつ病や精神を安定させる-DHA・EPAの効果を詳しく解説!

うつ病や精神を安定させる効果を期待できるDHAやEPAの特徴については、数々のメディアで分かりやすく紹介が行われることがありますが、まずは健康意識をキープするために、便利な情報をキャッチすることが大事です。
また、口コミサイトに掲載されている解説に目を通しておくことで、短期間のうちにDHAやEPAの使い方をマスターすることが欠かせません。
現在のところ、DHAやEPAのサプリメントやドリンクの購入方法について興味を示している人が少なくありませんが、いざという時に備えて、コストパフォーマンスの良いアイテムの選び方をきちんと身に着けることがおすすめです。

DHA・EPAのコレステロールを減らす作用

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は魚油に多く含まれる脂肪酸です。必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸のひとつで不飽和脂肪酸に分類されます。魚の中でも特にマグロやサバなどの青魚や植物油に多く含まれてます。
DHAやEPAには中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。中性脂肪やコレステロールはともに肝臓で作られ血液中に放出されています。肝臓から放出される時この二つはくっついた状態(この状態をVLDLと言います)で放出され血液中で分離されますが、DHAやEPAは肝臓内で中性脂肪の合成を抑える働きをします。その結果放出されるVLDLの放出量が減少するので放出されるコレステロールの量も減少されます

コレステロールを下げるには食事?運動?薬?DHA・EPA?

コレステロールを下げることができる食材の選び方にこだわることによって、毎日の食事の内容を充実させることが可能となります。
現在のところ、DHAやEPAなどの効能に注目をしている人が珍しくありませんが、健康状態の改善に向けて、いざという時に備えて、ニーズの高い健康食品のメリットやデメリットを見定めることが良いでしょう。
また、DHAやEPAの魅力的な効能については、健康に関する口コミサイトなどに掲載されています。
その他、DHAやEPAなどの成分が含まれている商品の使い方をマスターすることがポイントとして挙げられます。

DHAとEPAのコレステロールとの関係

DHAやEPAのコレステロールとの関係性については、多くの健康意識の高い日本人からの注目が集まっています。
特に、コストパフォーマンスの良い健康食品の選び方をマスターすることによって、多忙な毎日を過ごしている人であっても、常に冷静に行動をすることができるといわれています。
また、リーズナブルな価格のDHAやEPAなどの健康食品の価格帯については、人それぞれの生活のスタイルによって、大きなバラつきが出ることがあるとされ、少しでも知りたいことがある場合には、いくつかの情報源をきちんと見つけることがポイントとなります。

コレステロールを下げるのに効果的なDHA・EPAサプリ一覧

コレステロールの数値を下げることができるサプリの一覧をチェックすることによって、多忙な毎日を送っている人であっても、短期間のうちに必要な知識を身に着けることが可能となります。
また、最新のDHAやEPAなどのサプリの使い勝手の良さに関しては、それぞれの商品の配合成分の種類やアフターサービスの良しあしに大きく左右されることが分かっています。
そこで、いくつかのDHAやEPAなどの健康効果が期待できる成分のメリットに注目をすることによって、将来的な負担を軽減することがポイントとして位置付けられています。

おすすめDHAサプリメントサイトならこちら